MENU

CLOSE

身体の健康も大切!バランスを考慮して妊活をしよう

身体の健康も大切!バランスを考慮して妊活をしよう

198views

カテゴリ:はじめての妊活

老化で妊娠できなくなるのは自然なこと

d0fd718dc69a2ea12ed8a34184f39c95_s

女性の卵子の変化

妊活や不妊の改善で大切なのは、正常な働きができる精子と卵子をきちんと生成できる健康的な身体を作っていくことです。基本的に、人間の肉体は高齢になるほど精子と卵子の生成にトラブルが生じやすくなりますので、統計的にも高齢出産を望む夫婦の方が不妊治療を受けなくてはならない割合が多くなっています。

特に、男性ではなく女性の場合には卵子の生成数が生まれたときのその人の体質によってある程度決まっていますので、肉体の老化が進んでいくとどんどん卵子の生成数が少なくなってしまうという現状があります。一般的な女性の場合には、生まれたときに生成できる卵子の数はだいたい700万程度であることがわかっているのですが、これが高齢になると卵子の生成数がわずか3万程度にまで減ってしまいます。

基準としては35歳を境界線として数が減少してしまうケースが多いので、妊活や不妊治療をするときには男性も女性も自身の年齢と現状を確認することが大切です。卵子と精子の状態が良くないと判断できたときにはまずは日常生活の中から改善をして妊娠ができるように努力をしなくてはいけません。

マカの取り扱いには注意

妊活に重要と考えられているサプリメントにはマカやローヤルゼリーが挙げられます。ローヤルゼリーに関しては万能サプリの側面があって妊活だけではなく人間の健康状態を保つためにもとても役に立つ栄養分です。日本国内でも比較的簡単に入手できるものであるため、価格の面を気にしないのならばローヤルゼリーを摂取しておけば妊娠に必要な健康状態を維持することが可能です。

一方て、マカに関しては日本国内で簡単に入手ができるものではないので注意をしなくてはいけません。マカが含まれている製品は数多くありますが、実はマカそのものは日本国内で生成されていませんので、原材料となるマカは全て輸入に依存しています。妊活をする際にはこの事実をしっかりと受け止めておかなくてはいけません。

マカは、植物の根の部分を利用して製品化している妊娠や男性の機能の改善に大きな影響を与える素晴らしいものです。しかし、日本国内で生成することができない側面がありますので、食事からマカに関連する成分を摂取することはできないわけです。マカの成分は全てサプリメントで代用しなくてはいけませんので、通常の食事を利用して栄養分を摂取することは難しいです。

そして、サプリメントの中には国内産ではなく海外で作られているものも多く、製法に関して不透明なものが存在するのも事実です。大手の日本国内の企業が代替として輸入してそれを日本国内で購入するのならば問題ありませんが、個人輸入などを利用してマカが含まれている製品を購入するときには本物かどうかを注意することが大切です。

まずは安全なサプリで様子を見よう

6b66ec8686cd695ff2a07f29d8313227_s

身体上の健康を考慮に入れるのならば、まずはローヤルゼリーで様子を見ることが一番です。妊活サプリメントの中でも、ローヤルゼリーは女性の卵子の生成に重要な自律神経やホルモンバランスの改善に大きな影響を与えます。

それだけではなく、人間の免疫機能を向上させて基礎体温を向上させる効果もあるので、体温調整が重要になる女性の妊活にとっては欠かせない栄養分になっています。女性は、基礎体温が低下すると生理の周期や排卵の活動に支障をきたすことになってしまいますので妊活をする前提として必ず基礎体温を維持して健康的な状態を保たなくてはいけません。

ローヤルゼリーにはその基本的な効果が存在しますので、健康面や安全性を考慮するのならば健康補助食品としても採用されているローヤルゼリーを試すことが最も無難だと言えます。マカなどの滋養強壮に効果のあるものはその後からでも利用できるので段階を踏んでからそれぞれのサプリを検討しましょう。