MENU

CLOSE

妊娠力が高まる?子宝ビタミンと呼ばれるビタミンEのパワーとは

妊娠力が高まる?子宝ビタミンと呼ばれるビタミンEのパワーとは

72views

カテゴリ:妊活サプリ

妊活と不妊治療にビタミンEが良い理由

e5db989a41738c3e21ca7461eed8aaa1_s

妊活にビタミンEは外せない!

ビタミンEは「子宝ビタミン」「妊娠ビタミン」と呼ばれるほど妊娠力に直結するとされ、妊活中の方や不妊に悩んでいる方には欠かせない栄養素です。その理由の一つとしては、ビタミンEが自律神経のバランスを整える力と強い抗酸化作用があり、その作用によって血流の改善や、ホルモンバランスの調整、生殖機能や卵子の質を保つ効果があるとされているからなのです。

妊活中に自律神経のバランスを崩すと、ストレスに対処できなくなります。そうなると、体内の活性酸素が増えて、生殖機能や卵子に影響を及ぼすので妊娠しにくくなってしまいます。そのためビタミンEの自律神経のバランスを整える作用がストレスを対処し妊娠力を上げるために必要になります。

また、活性酸素を除去する抗酸化作用は細胞の老化を防ぐため、卵子や子宮内膜、男性の精子の質も保つことができます。ビタミンEは女性だけでなく男性にも効果的な栄養素です。ビタミンEは男性の精子の生成や分泌などの生殖ホルモンに関わり、精巣機能を高めて精子の数を増やし、精子の運動率をアップさせることにも役立つ可能性があるのです。このようなことから、ビタミンEは男女共に妊活において外せない栄養素といえるのです。

不妊治療にもビタミンEは用いられている

ビタミンEは不妊治療にも効果があるとされており、クリニックでもビタミンEのサプリメントを処方する所が増えています。クリニックによっては、不妊治療でビタミンE療法という治療法まであるほどです。

ビタミンE療法は生理が始まってから排卵するまでの期間、ビタミンEを服用する治療方法で、ビタミンEの抗酸化力や血流を良くする効果を利用して子宮内膜を厚くすることを目的としています。ビタミンEを摂取することで、女性は子宮内膜の質が高まり、着床率が上がる可能性があることが分かっているのです。

また、ビタミンEは脂溶性ビタミンで、副腎や卵巣に蓄えられて、女性ホルモンや男性ホルモンといったステロイドホルモンの代謝にかかわっているとされており、排卵誘発剤と併用すると妊娠率が上がる可能性もあるのです。その他にもビタミンEは、妊娠できても流産を繰り返す方や初期の流産の治療にも処方されることがあります。

ビタミンEの効果的な摂取方法とは

5a75eb1a6e9a6c933c9d9e6ea0fd65a7_s

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ろう

ビタミンEはビタミンCとセットで摂取することが基本とされます。それぞれのビタミンは両方とも抗酸化作用が強いということが共通しています。これらを同時に摂ることによって一度効果を発揮して酸化したビタミンEをビタミンCが復活させる働きが期待できるのです。

また一緒に摂取すれば、相乗効果でより強い抗酸化力を発揮することも期待できるのです。さらにビタミンCがビタミンEの補酵素となってビタミンEの効果を持続させることができるのです。

ビタミンEはサプリメントから摂取しよう

ビタミンEは毎日の食事から摂取することが可能ですが、含まれている食品が限られており、食事だけで補うのは難しい栄養素といえます。ビタミンEが含まれる食品としては、アーモンドやヘーゼルナッツ、落花生といったナッツ類、オリーブ油などの植物油、アボガド、ホウレンソウ、うなぎ、小松菜などです。ビタミンEは前述したようにビタミンCと一緒に摂取すべき栄養素です。

しかしながらビタミンCは熱や水に弱いため生野菜やフルーツから補えますが、必要量を毎日摂取することはこちらも難しいといえるでしょう。そのため、妊活中のビタミンEとビタミンCはサプリメントで補った方が一緒に取り入れやすいのです。

サプリメントはドラッグストアや通販などで手に入ります。そしてビタミン系のサプリメントの種類は、ビタミンEだけのものや、ビタミンCだけのものではありません。それ以外にビタミンC、Eを同時に摂取できるマルチビタミンもあるので、自分に必要な栄養を選んで活用していきましょう。