MENU

CLOSE

妊活するなら最低限知っておきたい!基礎知識と取り組み

妊活するなら最低限知っておきたい!基礎知識と取り組み

53views

カテゴリ:はじめての妊活

妊活に興味があるけれど、何からしていいのか知識がない

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s

赤ちゃんが欲しいと願っていても、なかなか妊娠に恵まれない夫婦も多いようです。そうすると、さまざまな原因が頭をよぎると思います。例えば「セックスのタイミングが悪いのではないか」「生理不順が多いけど、それが不妊の原因ではないか」「卵子が老化しているのかもしれない」など。

一度悩んでしまうと、どんな取り組みをしていいのか分からなくなってしまいます。そこで、今回は、妊活に関する基礎知識を勉強していきましょう。妊活は、妊娠する直前に取り組むものではなく、計画を立てて、数ヶ月前から取り組まなければなりません。

妊娠力をアップさせるための基礎知識

93aef1e2f64c5e235b25ae76230a991d_s

それでは、妊活に必要な基礎知識について説明していきましょう。女性だけではなく、男性にもぜひ知っておいてもらいたいものばかりです。

卵子の老化と数

実は、卵子は女性が胎児の時に、すでに体内で作られているのです。その数は、約700万個と言われており、生まれてから増えることはないと言われています。女性の体の中に初めから植え付けられていると言っても過言ではないのです。

だから、女性が年齢を重ねると、体の中の卵子も一緒に老化していくということになります。そのため、若いうちの方が妊娠しやすいです。具体的には20代から30代前半と言われています。30代半ばからはだんだん妊娠しにくくなるでしょう。

妊娠しやすいタイミング

セックスをしていれば自然と妊娠すると思っている人も多いかもしれませんが、決してそういうわけではありません。妊娠しやすいタイミングというのが存在しているのです。それは、排卵されてから24時間です。想像以上に短いタイミングですよね。なぜ24時間なのかと言うと、排卵された卵子が生きていられるのは24時間だけだからです。

そのため、女性は自分の排卵日を把握しておく必要があります。毎月、排卵があった日をチェックするようにしてください。多少の排卵日のズレはあるかもしれませんが、大体のタイミングはつかめるはずです。排卵日が把握できたら、排卵日の周辺でセックスする回数を増えるようにしましょう。

基礎体温を記録する

基礎体温を記録すると、生理周期も把握しやすくなりますからおすすめです。ここで注意しておかなければならないのは、普通の体温計を利用するのではなく、基礎体温計を利用するということです。基礎体温計を使えば、小数点まで細かく体温を記録することができます。正しい測り方は次のような手順です。

  • 朝目覚めたら布団の中でそのまま測る
  • 測定が終了するまで出来る限り動かない
  • 基礎体温計は舌の裏側に入れて測る

不妊を克服したいなら、食事の改善は必要不可欠

食事の改善は妊活には必要不可欠です。男性にしても、女性にしても、日本人は忙しく働いているため、生活習慣が乱れやすい傾向にあります。栄養バランスの偏っている不規則な生活を続けていると、体は衰えていく一方。だから、妊娠しやすい体質にはなりません。次のようなポイントに気をつけて食事するようにしましょう。

  • 赤い食材を中心にとる

人参などの赤い野菜や、赤身の魚などを中心に摂取しましょう。血行の促進をしてくれます。

  • 黒い食材もとる

ホルモン力を高めてくれます。例えば、黒ごま、わかめ、ひじきなどです。

  • 朝食をきちんと食べる

朝食をきちんと食べると、女性ホルモンの働きが整いやすくなります。

  • なるべく手作りの食事をとる

コンビニ弁当などで食事を済ませている人も多いと思いますが、保存料や添加物が多いので、不妊治療にお勧めはできません。食材に注意を払いながら、なるべく手作りで健康的な食事を心がけるようにしましょう。

どうしても食事の改善が難しいならサプリメント

食事での改善が難しい時には、サプリメントを利用して栄養素を効率よく摂取しましょう。自分が摂取したい栄養素のサプリメントだけをピンポイントで摂取するのもいいですが、妊活用のサプリメントが発売されているので、それを利用したほうがいいと思います。妊活に必要な栄養をトータルでサポートしてくれるのでおすすめです。