MENU

CLOSE

インスタント食品は妊活に良くない?妊活中に避けるべき食事とは

インスタント食品は妊活に良くない?妊活中に避けるべき食事とは

366views

カテゴリ:はじめての妊活

インスタント食品を妊活中に避けるべき理由とは

574cb86cc2895f1ef05adba4b0fb64bc_s

化学調味料が大量に使われている可能性が高い

不妊治療として、クリニックに通院することは珍しいことではありません。何故なら妊娠率の低下の問題は、多くの夫婦に起きていることだからです。しかし妊活はただ病院で不妊治療だけを受けていればいいわけではありません。食生活を改善することや、日常からストレスを減らすことなど、日常的な習慣を見直すことも欠かせません。

小さなことを積み重ねて妊娠しやすい環境をデザインしていくことが大切なのです。では食生活を改善する場合は、どのようなことを考えればいいのでしょうか。まず考えるべきことは、普段の食事からインスタント食品を取り除くことです。特に、会社の昼休みに毎日カップラーメンなどのインスタント食品を食べている場合は、その習慣を改めましょう。

その理由は、インスタント食品には化学調味料が大量に使われている可能性が高いからです。実際にインスタントラーメンは成分表示を確認すると様々な種類の化学調味調が使われている場合が少なくありません。こういったものは年に数回、食べる程度であれば問題ないかもしれませんが、毎日継続的に食べていると健康を損なうリスクがあるだけでなく、不妊になるリスクも高まってしまう可能性があるのです。

遺伝子組み換え由来の原材料が使用されているリスクがある

遺伝子組み換え食品の問題は、日本だけではなく世界中でも注目されていますが、ヨーロッパでは国を上げて利用を禁止しているところもあるくらいです。しかしながら日本はその逆に遺伝子組み換え食品の利用を推奨している、というのが実際のところです。

企業が遺伝子組み換え食品を使うメリットは何といっても安く大量の食材が仕入れられることです。その為、特に安価なインスタント食品の原材料は遺伝子組み換えである可能性が高くなってしまうのです。遺伝子組み換え食品は90日以内であれば、継続的に食べても問題がないことが証明されていますが、それ以降に関しては安全が約束されたものではありません。

健康で元気な赤ちゃんを産む為には、夫婦が共に健康であることは欠かせないですよね。その為、遺伝子組み換え食品をできるだけ身体に取り入れないようにする為にも妊活中はインスタント食品を控えることが大切なのです。

外食が多い場合は妊活サプリを活用しよう

8767a3d2146117864c9bc8407e33c8e7_s

チェーン店での食事は遺伝子組み換え食材を食べに行っているようなもの

不妊治療及び、妊活中に敬遠すべき食事はインスタント食品だけではありません。外食もできる限り控えていきましょう。その理由は食材の質です。よほど食に対してこだわりがある個人店以外の企業が営む飲食店の存在意義は利益を上げることです。お客さんの健康ではありません。

その為、安く食材を入手して安価な価格で料理を提供しているチェーン店等はどうしても遺伝子組み換え食品を取り扱っている可能性が高くなるのです。男性の精子が奇形になることと、遺伝子組み換え食品に因果関係が証明されているわけではありませんが、できることなら栄養は自然な食材から取り入れたいですよね。

元気な赤ちゃんを産む為には、男性の健康な精子と健康的な母体が欠かせません。その為妊活中に外食する際は、お店選びにも慎重さが必要だといえるでしょう。

ビタミンやミネラルがしっかりと含まれた妊活サプリを活用しよう

ここまで紹介したように、妊活中はインスタント食品や外食はできるだけ控えるべきです。しかしながら仕事が忙しいとこれらは日常から欠かせない、という場合がありますよね。そういった場合は、栄養を補う為にサプリメントの活用を検討しましょう。

特に現代人が父不足しがちな栄養はビタミンとミネラルです。サプリメントは目的に合わせて色々なものがありますが、初めてサプリメントを飲む場合はまず上質なビタミンとミネラルをサプリメントから窃取することを意識しましょう。そうすることで、妊活にとって大切な身体づくりをサポートできる可能性があるのです。