MENU

CLOSE

妊活はここから!男女別・夜の営み頻度を高める工夫まとめ

妊活はここから!男女別・夜の営み頻度を高める工夫まとめ

170views

カテゴリ:タイミング法

夜の営み頻度を高めるだけで妊娠する確率は一気に上昇

8532ac9e2a2fcbf13eb6fdc82076245b_s

世の中には赤ちゃんがほしいと思っても妊娠できないことで悩んでいる女性が多く存在します。このような女性のために存在するのが、妊活サプリメントや不妊治療になります。ただ、不妊治療の現場において知られている事実として、不妊に悩む女性の大部分が十分なセックスの回数を満たしていないということが挙げられます。

そもそも不妊の定義が週に2〜3回程度の頻度でセックスを行っていて2年間妊娠しない状態とされています。ただ、忙しくなった現代においては週に2〜3回という頻度でセックスを行うことができているカップルはまれです。ただ、不妊に悩んでいる女性の大部分はこの週に2〜3回というセックスの頻度を満たすことができれば妊娠可能と考えられいます。

したがって、妊活を考え始めた女性は不妊治療を受けたり、妊活サプリメントを服用するといったことを考える以前に、まずセックスの回数を増やすことからスタートしてみるようにしましょう。

夜の営み頻度を高めるポイントは男性にあり

f8ee4b644a81c06e60cdbe5ce91099bc_s

さて、セックスというのは男女の共同作業です。したがって、男性側と女性側双方でセックスの頻度を高めるための努力を重ねる必要があります。ただ、往々にして妊活に取り組んでいる女性はセックスに対して積極的になっています。

したがって、女性側ではあまりセックスの頻度を高めるために特別な努力は必要ありません。しいて言うなら、タイミング法と呼ばれるセックスをしやすいタイミングをはかる妊娠法がありますが、このタイミングに縛られずにセックスしたいと感じたタイミングにはセックスをするようにすることを意識しましょう。女性の性欲は妊娠しやすいタイミングで自然に盛り上がるようになっています。

したがって、セックスしたいと感じたときが妊娠しやすいタイミングになります。そのため、セックスしたいと感じたときは積極的に男性側にセックスを求めるようにしましょう。さて、女性の場合はそれほど苦労することはありませんが、セックスの頻度を増やす上でキーになるのは男性です。

男性がセックスに対して積極的にならない限りはセックスの頻度を増やすことはままなりません。男性側でセックスの頻度を増やすためには、まず食事やサプリメントを摂取することにより精力を増強する必要があります。すぐに精力を増強するのであれば、男性用のサプリメントに含まれているマカ・クラチャイダムといった食材を摂取するのが効果的です。

これらの食材には勃起力を高めるアルギニン、精子の量を増やす亜鉛といった栄養素が豊富に含まれています。これらはセックスの頻度を上げるためには積極的に摂取していきたい成分になります。また、このアルギニンや亜鉛は大豆製品にも豊富に含まれています。したがって、食事には大豆製品を積極的に取り入れていきましょう。

また、精力だけでなく男性の体力の低下がセックスの頻度の減少につながっている場合もあります。したがって、セックスの頻度を増やす土台となる体力をつけるために筋力トレーニングに励むのも良いでしょう。特に下半身を中心にトレーニングすることでセックスの回数をこなす体力をつけることができます。

また、勃起力をキープする力をつけたいなら下半身のPC筋という部分を重点的に強化するようにしましょう。このPC筋については勃起の際に男性器に流れ込む血流の強さを左右する筋肉となっています。そのため、このPC筋の力が強ければ強いほど勃起力も高くなります。

これ以外にも男性と女性が一緒にお風呂に入る、お互いにマッサージを行う、のんびりと映画などを見ながら一緒にくつろぐ時間を作るといったようなことも効果的です。このように一緒に過ごす時間を長く設けることにより、自然に気持ちが盛り上がりセックスにつながる場合もあります。